健康食品の最近の記事

便秘にはカボチャが良い

便秘で大変困っている人がいたので、以前私が試した方法を教えて上げました。それはカボチャです、今が旬の食べものですが主成分は食物繊維が多く含まれているため便秘の解消には効果を上げます。抗酸化作用の高いビタミンA・C・Eを含んでおり、その食物繊維はコレステロール値を下げ栄養素の吸収を遅くして血糖値も下げる効果があります。そして肝心の腸には運動を活発にさせる働きがあり、排出を促します。

ニンニク酒粕漬け

いつも大量にニンニク味噌を作っていたのですが、ニンニクの皮を剥くのが大変なのです。なにしろ一遍に20個もニンニク味噌を作っていたのですから、家中が臭くなりました。それでもニンニクは止められません、それでもっとかんたんなニンニク粕漬けを作ることにしました。ニンニクの有効成分のアリシンもスコルジニンはアルコールに溶けやすいので、酒粕とあわせればニンニクの臭いも和らぎます。

しいたけの効果

スーパーに行くとポピュラーな野菜は「しいたけ」です。みんな人工栽培のものがあふれて並べてあります。これも血圧を下げるのに効果があります
干ししいたけはタンパク質、カルシウム、ビタミンB、カリウムなどが豊富に含まれています。我家では椎茸の天ぷら、しいたけの油炒め、などをしてたくさん食べています。椎茸の降圧作用はエリタニンという成分だそうです。エリタニンは悪玉コレステロールが酸化するのを防いで血管の動脈硬化から守る働きがあるそうです。

十穀米

十穀米と言うのがスーパーで売ってます。私は身体に良さそうといつもスーパーでは見ていましたがついに買いました。中には玄米、麦、ハト麦稗、粟、キビ、黒米など様々入っています。精米した白米より ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で生活習慣病の予防に役立つといわれています。食物繊維は腸の掃除をしてくれ便通に良いとされています。食物繊維は体内で膨らむため、満腹感があります。ダイエットに役立つという事で期待しています。

ニラを食べます

ニラは我家では卵焼きに入れたり、味噌汁にしたり良くたべます。わたしはあのシャキシャキ感が好きです。ニラは強壮作用が強くお腹を温め胃腸の調子を整え、血の巡りを良くします。ビタミンA、B1、B2、Cを多く含んでいてまるでビタミン・ミネラルの宝庫といえる健康野菜と言えます。ニラにはネギ、にんにくに共通している「硫化リアル」という臭い成分がありますが、消化酵素の分泌を促進します。ニラやニンニクが大好きなのです。

豆乳は安い完全な食事

大豆は完全栄養食に近い栄養満点の食材です、良質のタンパク質を初めリノール酸、レシチン、ビタミンB1、鉄、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどのミネラル類がバランスよく含まれ、さらに大豆特有のイソフラボンも豊富です。大豆タンパクは血中コレステロール値の低下や心臓病の予防などの効果があります。これは市販の豆乳に含まれていますので、スーパーの安い豆乳をせっせと飲んでいます。

キノコパワーで血糖値を下げる

低エネルギーのダイエット食品の代表といえばキノコです。糖尿病、がん、などの生活習慣病の予防に効果があります。なかでも舞茸は安いしスーパーで手に入りやすい食材です。まいたけはスーパーの山積み、そしてその成分は食物繊維が特に多いので腸で糖の吸収を緩やかにして血糖値を下げます。またインスリンの材料ともなるマグネシウムや亜鉛なども含んでいます。なんだ舞茸がそんなの有効成分を含んでいたのかと見直す気分です。

ニンニク味噌炒め

ニンニク炒め味噌を作りました。 にんにくは血圧を下げ血管をワカワカしく保ってくれますので、めんどくさかったけど一つ一つ皮をむいて準備をしました。
ニンニクを焼いて焦がすとアミノ酸と糖質が合わさって化学反応を起こし、メラノイジンという物質ができます。 
このメラノイジンという物質は抗酸化物質で血管をわかわかしく保ってくれたり、動脈硬化の予防に役立ちます。 
またメラノイジンは腸内の善玉菌の餌になり免疫力を高めます。 ニンニクの臭みも炒めると飛んでしまい、味噌の味に合います。

銭湯の後に青汁

今日も銭湯に行って来ました。

最近、銭湯での入浴後に青汁を飲むのが定番化しています。

 

今日は、サウナ、低音サウナ、ジェットバス、泡風呂などでたくさんの汗を流してきました。

夜に気温が低くなってきていて、露天風呂が気持ち良さそうですが、湯船までたどり着くまでの寒さをイメージすると、今日は心が折れ、露天風呂は諦めることにしました。

 

サっとお風呂から上がってから飲む青汁は、まずいのですが、美味しいですね(^_^;)

とても複雑な気分です。。

酢ゴボウの効果

身体の健康を考えて常時食べられる副食をつくりました。 それは酢ごぼうです ゴボウは根菜でいろんなところで良いと書いてあります。
まず食物繊維が多いのが分ります。 食物繊維の豊富なゴボウが食感も良く、歯ざわりがいいのです。
それを酢に漬けました 酢の味もして絶妙の副食です。 毎晩少しずつ食べています 酢が食べ物の糖質がエネルギーに変わる
時の有機酸を余計含んでいるといいます。 だから糖質を分解しますので、ダイエットに良いといいます。
私の気に入っている副食です、 晩酌の前に一口これが健康と酢ゴボウの味が口に広がります。