糖尿病の父の食欲

先日、食欲のあまりない祖父のためにせんべいを買って実家に置きに行きました。
しかし、祖父は食欲が出るとあればあるほどすぐに食べてしまうので、少し出して残りは台所に置いておきました。
これが大きな間違いだったのです。糖尿病で薬を飲んでいる父は食事制限があり、せんべいはたまにだったら少しくらいよいかなと、その日少し手渡しました。
数日後、実家へ行くと、せんべいが全て無くなっていたのです。祖父は自分で台所へは行かないので祖父が食べたのではありません。
犯人は糖尿病の父です。糖尿病でボケが入ると何度もご飯を食べてしまいますが、ボケてなくても自制ができない人は、食べるなと言ってもたくさん食べてしまうのだといい教訓になりました。
今後はこのようなことのないように隠しておくことにします。

ウェブページ