2017年2月アーカイブ

糖尿病の父の食欲

先日、食欲のあまりない祖父のためにせんべいを買って実家に置きに行きました。
しかし、祖父は食欲が出るとあればあるほどすぐに食べてしまうので、少し出して残りは台所に置いておきました。
これが大きな間違いだったのです。糖尿病で薬を飲んでいる父は食事制限があり、せんべいはたまにだったら少しくらいよいかなと、その日少し手渡しました。
数日後、実家へ行くと、せんべいが全て無くなっていたのです。祖父は自分で台所へは行かないので祖父が食べたのではありません。
犯人は糖尿病の父です。糖尿病でボケが入ると何度もご飯を食べてしまいますが、ボケてなくても自制ができない人は、食べるなと言ってもたくさん食べてしまうのだといい教訓になりました。
今後はこのようなことのないように隠しておくことにします。

年賀ハガキの抽選が当たらない

先日、お年玉付き年賀はがきの当選番号をチェックしましたが、一枚も当たりませんでした。
今年は年賀状がいつもより多かったので「当たるかな」と期待しました。最初から一等が当たるなんて思っていません。
ですが、切手さえも当たりませんでした。こういうときの慰めは「ここで運を使わなかったから、もっと良いことがある」「運がなかった代わりに悪いこと(災い)もなかった」という風に思い込むこと。
来年は一回でもいいから当選したいですね。

ウェブページ